クラウドとMAMPの連携

はじめに

目標:MAMPのルートディレクトリをDropboxを利用して共有

プロジェクトを進める上で、必要不可欠なのがクラウドを利用したファイル共有である。
しかし、変更するたびにファイルをアップロード/ダウンロードするのは手間がかかる。
この方法を利用すれば、ローカルでMAMPを使った開発を行う際のファイル共有が簡単になる。

やり方

1.Dropboxのインストール

ダウンロード

2.Dropbox上で共有するディレクトリを用意する

今回はProjectという名前にする。
ホストはクライアントにアドレスを伝えて許可する。

3.シンボリックリンクを作成する

シンボリックリンクとは
このlinuxコマンドを利用するのが今回のポイントである。
linuixコマンドはターミナル上で実行する。

今回の書式は以下のようになる
ln -s Dropboxの共有先のパス MAMPのルートディレクトリパス

Dropbox、MAMP共に初期設定の場合
ln -s /Users/ユーザー名/Dropbox/Project /Applications/MAMP/htdocs/Project

パスはタイポの原因になりやすいので、パスを入力したいディレクトリをドラッグすると良い。
これでシンボリックリンクの設定は終わりになる。

4.テスト

MAMP/htdocsをFinderで開き、作成したシンボリックリンクを開く。
正常に動作すれば、リンクしたディレクトリにアクセスできるようになる。

まとめ

  • メリット
    共有者間で、サイトやプログラムを作成するのに非常に効果的である。
    瞬時に変更が確認でき、お互いの画面を見せ合う必要性が減る。
    MAMPのルートディレクトリを経由しているためMAMPでの即実行が可能。
    ファイルをダウンロードしルートディレクトリに移動させるなどの手間が省ける。

  • デメリット
    1人の操作が全ての共有者のデータに影響するので、データを取り扱いに今まで以上に注意しなければならない。そのためこまめなバックアップが必要になる。
    Dropboxの通知が激しくなる。気になる時はDropboxの基本設定→デスクトップの通知のチェックマークを外す。

Whimlog

whimlogの再開

blogサービスを引っ越した。

今までのblogサービスの移り変わり

  • Yahoo
  • 楽天
  • 忍者
  • Tumblr
  • WordPress

今まで色々なサービスを使ってきたが、wordpressは自分には難しく感じていたため避けてきた。
自分のレベルアップのためにもチャレンジしてみようと思ったのがきっかけである。

新しいwhimlog

これからこのサイトでやりたい事

1.Markdownによる記述
2.Tech系の話題
3.プログラミングの勉強のまとめ

1について

始めにMarkdownとは

Markdown は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。
「書きやすくて読みやすいプレーンテキストとして記述した文書を、妥当なXHTML(もしくはHTML)文書へと変換できるフォーマット」として、ジョン・グル―バー(John Gruber)とアーロン・スワーツ(Aaron Swartz)によって考案された。
Markdownの記法の多くは、電子メールにおいてプレーンテキストを装飾する際の慣習から着想を得ている。
Markdown – wikipedia

これはHTMLを全部書くより、非常に早く文書をまとめる事ができるので導入しようと思った。

2について

自分が調べたTechの話をまとめようと思う。

3について

これが一番のメインになると考えている。
大学のプロジェクトの内容からプログラミングについての備忘録を作ろうと思う。