Cloud Atlas


Cloud Atlas (by movieclipsTRAILERS)

Cloud Atlasそれは素晴らしい旋律であり、人生についての一つの解答なのかもしれない・・・

この文章は極力自分の見たものだけを頼りに書いている。必要な情報は調べてまとめるが、映画の内容は主観的な文章になってしまうと思われる。その時に感じた気持ちをまとめたい。なるべくのネタバレはしないように気をつけるがあしからず。大いにネタバレを含んでいます^^;

私は先日ふと映画を見ることにした。きかっけは世の中の人々には些細なことなのかもしれないが、私にとっては大きな変化の一日だった。罪の意識に駆られながら逃げるような日だった。そんな時この映画のタイトルを思い出したのだった。
本当に何の情報も持っていなかった。「トム・ハンクス」が出ていること、「6つの」物語が絡み合っていること、「ウォシャウスキー姉弟とトム・ティクヴァ」という3人の監督が撮ったということだけだった。チケットを買うときですら、今自分が買っているのは3つの先行情報のタイトルなのか?と心配になる程だった。
私は映画を見る前は割りと”事前学習”をするタイプだ。そういうことを調べてしまうのが好きなのである。ネタバレも特に気にもとめずに読みすぎてしまうことがよくあった。でも私の目で確かめたい気持ちが大きいからなのかもしれない。

そんな私がまだ短い人生の中での大きな衝動の日にこの映画を見たのは何かの偶然なのかもしれない。気づいた時には私は新宿ピカデリーで最終のチケットをとっていた。

このような経緯や他からの情報も無しに衝動的に映画を見るのは初めての経験であった。ましてや”一人映画”である。本来ならワクワクするだろう出来事だがその時の私にはそんな事を考える余裕すら無いほど、悩ましかったのだった。

映画の後で買ったものだが、パンフレットは非常によくできていると思った。ストーリーが分かりやすくまとめられており、スタッフやキャストのインタビューも充実していると感じた。しかし、この文章のイメージへの干渉が無いように、流し読み程度にしたので、初期衝動を書き終えたら読むとする。
映画は172分と大作物なので、話の内容がバラバラになってしまう人もいるかもしれない。そういう人はパンフレットを事前に買って予習するのも選択肢なのかもしれないが、私自身としては2回見て欲しいと思う。

映画開始10分前にはしっかりと席に陣取っていた私は客席をボーっと眺めていた、仕事終わりのサラリーマンやカップル、私のように一人で鑑賞する人も多く見受けられた。中でも外国の人も多く来ていたと思う。そんな感じでレイトショーにも関わらず席は結構な数が埋まっていた。映画館が暗くなると、次第に群衆は気にならなくなり私は映画の世界へ入り込んだ。

始まってすぐに、カットが多く切り替わり3つの時代が途切れ途切れに描かれていった。このテンポはついて行けるのか?不安になる。しかし、映画は一気に色々な時代の断片を描いていく。弁護士、作曲家、記者、編集者、クローン、羊飼い この6つの人々に焦点が当てられていくことがだんだんと分かってくる。彼等には目立った共通点など見当たらない。次第に彼等の人生は少しずつ絡み合っていくことが鑑賞者にも伝わってくる。1つずつの物語は私には別々の映画のように感じた。

貿易船が活躍していた時代、弁護士はある交渉のために航海に出ることになる。ある黒人の奴隷との出会いが、彼と黒人自身の運命を変えることになる。テーマは奴隷や裏切り、友情などが絡んでいる。このシーンでは弁護士は病魔に侵されながらも航海を続けるのだが、身近にいる欲望の塊に蝕まれていく。

20世紀初頭、作曲家は著名な音楽家の元に弟子入りし、採譜の日々を過ごすことになる。彼はそんな日々の中である名曲を作曲する。彼はある人を愛しており、それを理由に迫害されそうになる。テーマは作曲、同性愛、罪の意識、その後の彼の最後などだ。非常に美しい曲が流れている、この曲は次の時代でのキーポイントになる。なんとも切ない曲だった。トレイラーなどで流れるお皿のシーンは美しいと感じた。

20世紀後半、記者はある人物とちょっとした所で遭遇する。彼からの依頼を受け、彼女の人生は大きく動いていく。テーマは陰謀、殺し屋、再会などが挙げられるだろう。サスペンスのような映像表現は非常にハラハラさせられる。「ヒューゴ・ウィーヴィング」の役にも必見である。

2012年の現代、編集者は担当していた著者の本が、あるパーティーをきっかけに爆発的に売れ、富を手に入れるがそこから彼の人生の転機が始まる。ある施設に送られた彼は仲間と共闘することになる。テーマは、老後、恋人との再会、転機などだ。この部分は比較的コメディータッチで描かれており、ある部分(下ネタ)では劇場にいた外人さん達が大きく笑ったので釣られてみんな笑ったという事が起きた。勿論私も笑ってしまった。映画館で笑うのは不思議だが愉快な事だった。

22世紀冒頭のネオソウルが舞台、クローンの活躍が描かれている。毎日を同じように過ごし、同じようなタイプの顔のクローンとともに12年を過ごす。彼女たちは12年経てば自由になるというのだ。テーマは人間のあり方、革命、人生などだろうか。映像はSF、サイバーパンクをモチーフにアクションシーンが連続する。「マトリックス」で出てくるようなホバークラフトの反重力装置などが出てくる。この時代は私のお気に入りでもある。元々ブレードランナーのようなサイバーパンク物が好きで、正にそのイメージだからである。そして、この時代は一番のキーポイントになっているシーンだと思った。クローンのソンミの言葉は映画を通してのある事を伝えている。

文明崩壊後の世界、羊飼いの男は亡霊の言葉と人食い族に悩まされながらもひっそりと村で暮らしていた。定期的に来る文明人との交流の中である事実に触れていくことになる。この村では前述のソンミが神格化されており、ありがたい言葉を与えてくれる神として信仰の対象になっている。テーマは崩壊、幻覚、未来といったところだろうか。この時代が映画のラストとなるのだが、世界の真相に迫ることになる羊飼いの「トム・ハンクス」を見ているとなんとも切ない気分になってしまった。

このように6つの時代に分かれていた。それが重なるようにして映画は進んでいく、まるで6つの映画のようにカットが代わる代わる変化していく。時にはシームレスに時代が移行する。同じ役者が別の時代にも多く登場する。頭の切り替えをしないとついて行けないかもしれない。しかし、それを彼らがまた別の人生へと生まれ変わったことを意味している。ある時代では主役であっても別の時代では数カットしか出てこない脇役へと変化するのだ。そういう映画の映像的な部分でも非常に楽しませてくれた。映画のエンドクレジットではそういう部分を見ることができる。

なによりもこの映画のテーマは人生であろう。そして輪廻転生の如く人々の身分や存在は徒然なるままに移行していく、そのような事を22世紀のクローンのソンミは訴えかけている。人生の選択はその時生きていた者への影響だけではなく、次の時代、将又次の時代へと影響を残していくのである。映画が進むにつれて、時代ごとの主人公の共通点も分かってくるだろう。姿や性別が変わっても受け継がれるものがあるというのを共通点は示している。それを証拠に彼等は過去や未来を既視感やフラッシュバック、夢などによって見せられたり、感じたり、覚えていたりするのだ。人生とはその時限りではないのだ。映画のテーマを一番語っているのはソンミだと思うので、彼女の台詞を感じながら見ると感慨深いものがある。

映像としては革新的な手法だと思った。ごちゃごちゃした感じに感じるのかもしれないが、途中から一つ一つが繋がり、かつ終着点へと向かっていく様はは今までのフラストレーションのような物や疑問を波のように流し去りラストへと向かっていく。見終わった後は落ち着き心地よくなると思った。
描写は過激なシーンや暴力的なシーン、見る人によればショッキング、セクシャルなど様々なシーンがある。人生というテーマを考えればこれらのシーンはスパイス的な役割を担っている感じた。残酷でありながらも愛があったり、騙し合いながらも信じようとするという矛盾が多い人。そんな人の様々部分が描かれているこの映画を私は強くお勧めしたいと思う。私もあなたも前世からの何かを受け継いでいるのかもしれない。その何かはこの映画を見ることによって少しは理解できるのではないだろうか。

長文になってしまったが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
拙い文章になり、見たものをアウトプットするのは難しいことだと感じたが、これからも続けていけたらいいと思う。

広告